タワー型とデザイナー型の2つの高級賃貸マンションの特徴を知る

あなたが選ぶのはタワーマンション?デザイナーズマンション?

不動産会社が高級賃貸マンションに分類している賃貸マンション物件には大きく分けて二種類の物件に分けることができます。
一つがタワーマンションでもう一つがデザイナーズマンションです。
それぞれ独特の特徴を持っておりそれが魅力的な点ともなっています。

高級賃貸マンションの種類とその特徴を知る

眺望と景観が魅力のタワーマンション

まずタワーマンションですが一般には高さが57メートル以上のマンションを指す事が多く、名前の通り外観がタワーに似ています。
高級賃貸マンションの代表と言ってよいほど近年は多くの住戸が提供されるようになっており、高さも200メートルを超えるマンションが複数国内に存在します。
タワーマンションの魅力はその高さを活かした素晴らしい眺望で、高層階の住戸では毎日その眺めをいつでも楽しめます。
またラウンジなどの共用施設が高層階には設けられていることが多いため、低層階の住民やゲストも同様に素晴らしい眺望を楽しむことができます。
住戸の間取りの広さや専有設備の充実ぶりも高級賃貸だけあってかなり優れています。
またマンションによってはホテルのようなサービスが受けられる、コンシェルジュサービスを導入しています。

細部にまでデザイナーのこだわりが感じられるデザイナーズマンション

一方、もう一つの高級賃貸のマンションであるデザイナーズマンションは、有名デザイナーが設計した素晴らしいインテリア、エクステリア、機能性が魅力の高級物件です。
コンクリートの打ちっぱなしやガラス張りのバスルーム、間取りを自由に変更できる機能性の高い部屋など、住むことで大きな満足感が得られることに重点を置いて設計建築されています。
このためデザイナーズマンションに住むことを一つのステータスとする人もいます。
このように高級賃貸マンションは現在はタワーマンションとデザイナーズマンションが主流として広まっています。