高級賃貸マンションのその他の付加価値

高級賃貸物件の魅力とは?

都心部にはデザイナーズマンション、タワーマンション等の高級賃貸物件が数多く存在する。
これらの物件は他の一般賃貸物件とは異なる付加価値があります。

高級賃貸で見られる付加価値物件

  • 三井等の有名デベロッパーが建てた物件、
  • ペットを買う事ができる物件、
  • 耐震性に優れた物件、
  • デザイナーズ性に優れた物件、
  • セキュリティーに重点をおいた物件、
  • タワーマンションと言われる超高層マンションで展望がよい物件、

これらの様々な種類の高級賃貸があります。
さらにグレードをあげれば高級家具が基から備え付けられており、プール、フィットネスクラブ付き、ルームクリーンサービス等ホテル並に充実した設備の物件も存在するのです。

タワー型高級賃貸物件がある地域とユーザー層

これ等の物件はある場所は主に都心部で富裕層の住むブランド価値の高い地区港区、目黒区、新宿区、渋谷区等に多く、特に六本木や青山、渋谷にはグレードの高いタワーマンションが次々と建てられています。
高級賃貸を選ぶ顧客は昔は日本で働く外資系に勤めるエリート層の外国人が主なユーザーでした。
彼らは日本に駐在という形でいるので、会社から住宅手当が多く支給され住居にお金をかけることができたのです。

変化するユーザー層と審査基準

だが近年では一般物件とは異なる快適性、利便性、ブランド性があることが広くわかられてきました。
また日本でも昔とは異なり、いわゆるIT長者や芸能人等がステータスとして選ぶ事も多くなってきたのです。
しかしこれらの物件はそのステータス価値を損なわないためにも、他の一般賃貸物件よりも入居の際の審査が厳しく、一定の審査基準をクリアできなければ入居できない事があります。
審査基準としては年収はもちろんの事、仕事の収入上の安定性、家族構成等も審査の基準になってきているようです。
つい最近ではメジャーリーガーのダルビッシュ有選手がtwitter上で審査に落ち、マンションを借りれないと言っていた事からも非常に審査が厳しい場合が存在します。
もちろん物件自体の内覧、見学には審査等はいりません。
一般の人間でも可能なので、もしも気になるマンションが手の届く範囲にあるのなら、一度、見学してみて下さい。