超高級賃貸マンションの定義と物件の共通点

超高級賃貸マンションとは

その地域の一等地に立地しており、間取りや設備が充実している物件と定義することができます。
特に都心の場合には、坪当たりの賃料がいずれも月額1万円以上である点が特徴的です。したがって家族で暮らせるファミリータイプの高級賃貸マンションであれば、月額賃料が30万円を超えるケースが一般的です。また高級物件に特徴的な共通点としては、キッチンや浴室などの水回り部分の設備のグレードの高さを挙げることができます。

その背景としては、高級物件に住む人の多くがベッドルーム以外にも設備にも徹底的にこだわっていることが挙げられます。そのために浴室であれば追い炊き機能が標準的であり、浴室乾燥機も整備されている物件が多い点も特徴的です。また都心に立地する高級賃貸マンションが多いので、2つ以上の路線が使えるエリアに立地している点が魅力的です。

しかもマンションの開発時にはロケーションにもこだわっているので、便利であると同時に緑も豊かなエリアに立地するケースが多いです。

そして高級なマンションでは、通常の賃貸マンションでは利用できないような多彩なサービスが用意されている点も特徴的です。特に高級物件に特徴的であり根強い需要があるのが、フロントサービスやコンシェルジュサービスです。そのために賃貸マンションであっても、高級ホテルと同様のサービスを利用することができます。また安全と安心を求める入居者のニーズが強いので、免震構造の建物と24時間有人警備という条件が満たされている物件も多いです。

特に大規模なタワーマンションタイプの賃貸マンションであれば、防災センターのような集中管理システムも導入されている点が人気の理由です。